株式会社みすずコーポレーション ショッピングサイト
通販に関するお問い合わせ・ご注文 [受付]平日9:00〜17:00
0120-860-719 FAX注文はこちら
お電話でのお問い合わせ・ご注文 (受付:平日9:00〜17:00)
0120-860-719 FAX注文はこちら

大豆について

当社の主力商品「こうや豆腐」「味付けいなりあげ」の主原料となる『大豆』は、古くから日本人と関わりの深い重要な食材のひとつです。現在では、豆腐やおから、味噌、しょうゆなど多くの大豆加工品が食生活に取り入れられています。当社では明治35年の創業以来「こうや豆腐」を作り続けていますが、近年では「こうや豆腐」を粉状にした「粉とうふ」が健康食材としてテレビなどで紹介され、注目を集めています。

大豆は栄養たっぷり! 完全栄養食

「畑の肉」とも呼ばれる大豆には、小さな1粒1粒にたくさんの栄養が詰まっています。下の図では、大豆の食べられるところ=可食部(かしょくぶ)100gあたりの栄養素と、他の食材でその量の栄養素を摂取するために必要な量をまとめたものです。タンパク質、ミネラル、ビタミン、食物繊維など、図から大豆がいかに身体に大切な栄養素が含まれているのかが分かります。まさに大豆は、成長期の子どもから働き盛りの大人、そしてお年寄りまで、年齢を問わず人間の身体に必要な完全栄養食といえるでしょう。

大豆いちばんの栄養素「タンパク質」

炭水化物、脂質、ミネラル、ビタミンとともに五大栄養素と呼ばれるタンパク質は、たくさんの種類のアミノ酸がつながってできている、生物を構成する成分のひとつです。動物性のものと植物性のものに分けられますが、大豆に含まれるタンパク質はもちろん植物性タンパク質。蒸し大豆のアミノ酸総量は可食部100gあたり18,000mgと豊富で、体内で作ることができない必須アミノ酸が必要量に対して含まれる割合は86%と大変優れています。なかでも脂肪燃焼系アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)は基礎代謝を高めて、体内の脂肪が燃えやすい体質を作るといわれています。大豆の良質なタンパク質と必須アミノ酸は、栄養補給のサポートをしてくれます。

貧血、妊娠中の鉄不足を解消「カルシウム」「鉄」

五大栄養素のひとつであるカルシウムや鉄などの「ミネラル」は、私たちの体の中で骨や歯の形成、神経伝達、体内イオンの調節など、とても重要な働きをします。成長期のお子さまや貧血の方、骨粗しょう症などにお悩みの方には大切な栄養素です。中でも女性は生理をはじめ、妊娠や出産で鉄分が不足しがちだといわれています。ミネラルは身体で作り出すことが出来ず、食べ物から摂取する必要があるものなので、積極的に大豆食品を摂るようにしましょう。

悪玉コレステロール値を下げる「不飽和脂肪酸」

不飽和脂肪酸には「必須脂肪酸」を多く含み、エネルギー源や身体の構成など健康に欠かせない脂質です。大豆に含まれる脂肪分のうち約80%がこの不飽和脂肪酸であり、血中の中性脂肪の低下や老廃物の除去、悪玉コレステロール値の抑制、動脈硬化の予防効果など、生活習慣病などに有効な働きがあるといわれています。

美肌やアンチエイジングに役立つ「ビタミン」「イソフラボン」

身体の調整作用を持つビタミンの中でもビタミンB2は、エネルギー代謝を盛んにする働きがあります。また、ビタミンB6はタンパク質や脂質の消化吸収に重要な役割を持ち、ニキビ、皮膚炎など皮膚の健康を保つために欠かせません。ビタミンEは、血管や細胞を傷つける活性酸素を抑える抗酸化作用があって、身体が酸化して錆びるのを食い止めるなど、アンチエイジングに役立ちます。また、大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをすることから、ほてりやのぼせ等の症状が出る更年期障害の軽減、美肌、骨粗しょう症予防に良いといわれています。

ページトップへ